英会話大名

福岡市中央区大名にある英会話教室、ランゲージスクール

TEL.070-6593-0650

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-4 シャンポール大名D棟 201

ブログ
英会話ブログ|サイト管理人(英会話大名福岡)のブログです。

ブログ一覧

東大は英語民間試験活用に方針変更

2020年入試改革の一環として英語の試験について英語4技能を計測するため、外部民間試験を活用する方向で進んでいます。文科省が主導している動きです。従って、国の予算の割り当てを受ける大学は国立、私立を問わず、ある程度同じ方向を向かうものと思われますが、今年3月に東大は「東大は英語民間試験は活用しません」と公表して耳目を集めました。さすが東大、孤高の矜持、自らの東大英語試験以外は信用できないのだ、ということかなと思われたのでしたが。。。

ところが、わずか1か月後に、「うっそー!」みたいなのりで「東京大学は2020年度に始まる大学入学共通テストで導入する英語の民間試験について、合否判定に使う方向で検討を始めた」と公表しました。

文科省に怒られたのでしょうか?

東大入試作文問題2018年解答例

英語塾マイヤー

2017年度第3回英検準1級試験(平成30年度1月21日実施公開)

2017年度第3回英検準1級試験(平成30年度1月21日実施公開テスト)リーディング/ライティング解答例

本日日本英語検定協会の英検テストが福岡女学院会場で行われました(福岡会場)。平成30年1月21日実施の日本英語検定協会による公開テストの解答例です。英会話大名に通われる生徒さんが早速答え合わせができるように以下に英検準1級回答例を一部解説とともにお知らせ(速報ベース)します。本ウェブページおよび英検準1級解答は本英語塾・英会話教室に通われる生徒さんへの情報の提供という意図をもって本ウェブサイトに掲載するものなので、たまた本スクールの生徒さんでない方がこのウェブサイトを閲覧することについては支障はありませんが、ただしそれから発生することについて一切の責任を負いません。内容が正しいことについて一切の保証をしていません。さらに、内容についてテスト機関である日本英語検定協会の検討は一切受けていませんので、公式の回答を必要としている方の閲覧には適していません。公式の回答は試験機関日本英語検定協会のホームページをご覧ください。また今後公式の正解が発表されたのちにもこの記事のアップデート等は行いませんので、試験結果の公表以降はテスト機関のウェブサイトだけを参照するようにしてください。

※本投稿記事の内容については、筆者は本スクールの生徒さんに対してだけ責任を負います。

2018年1月21日実施公開テストリスニング問題

省略

2018年1月21日実施公開テストリーディング問題

平成30年1月21日実施公開テスト解答例(速報ベース:解答例についてはあくまでも個人の主観であり内容について保証はしていません。)作文については回答は無限にありますので、ひとつの作文例です。

1)
1: 2
2: 3
3: 4
4: 4
5: 1
6: 1
7: 4
8: 3
9: 2
10: 1
11: 1
12: 1
13: 4
14: 2
15: 2
16: 1
17: 3
18: 4
19: 3
20: 2
21: 1
22: 4
23: 3
24: 2
25: 3
2)
26: 3
27: 4
28: 2
29: 3
30: 1
31: 2
3)
32: 4
33: 2
34: 2
35: 3
36: 4
37: 4
38: 1
39: 3
40: 2
41: 1
4)

(作文解答例::回答の一例をあらわすもので、以下の作文に限るわけではありません)

Although many may argue it possible, I myself do not believe that humans will ever live on other planets.

Firstly, for humans to live on other planets is impossible for a biological reason. Each planet has its own unique environments. The earth has its own unique attributes, such as air, mild temperature, water, etc. to which humans have been adapted over time. I believe their existence relies on the environments only found on the earth.

Secondly, even if there is any planet existing in the universe whose environment is friendly enough for humans to live, the long distance between the earth and such planet is prohibitive. Humans have a life span of only 100 years while it takes many light years to travel the long distance. Technologically, it is impossible to migrate.

For these reasons, I believe that humans to live on other planets is only a dream.
(148 words)

平成30年1月21日実施公開テストリーディング解答についての解説

単語・語句問題

4番の問題では、文章の流れから3のfurious を選んだ人も多いと思いますが、問題の文章が could not remain ( ) と否定になっているので、逆または逆に近い意味の単語を選ばなければなりません。選択肢の中ではindifferent(無関心の)だけが文脈にあう形容詞になります。notを読み落とす、よく読まずに答えると間違えやすいトリッキーな問題です。

長文読解問題

級にかかわらず英検の長文問題全体にいえることですが、パッセージは読み物としてそれ自体興味深い内容のものが多く、一般教養を広げる効果もあり、勉強の題材として非常にためになり楽しいものが多いです。今回は3D Printing in Healthfareのパッセージが特に興味深いと思いました。このパッセージの中ではPluronic Incなど受験者の誰も知っているはずのない特殊なインクの名称などが出てきますが、もちろんこれらの単語は問題を解くうえで知っている必要はありません。

作文問題
英検準1級では150単語程度のエッセイ形式の作文を書きます。英語の4技能化の流れがあり、英検準1級の英作文の問題はイーメール形式だった旧来の頃より少し難易度を上げたといえます。エッセイといっても議論すべきポイント(の候補)が指定されているなどかなり誘導された形となっているので、問題文の指示に従うように注意しましょう。例解では、実ははじめポイントを無視して作成しました。そのうえで、2つめのポイントを後付けとして、テクノロジー上無理だという話にしました。英検1級ではポイントを指定する形式は廃止されたので、方向的には準1級もいずれはポイントを指定するのはなくなるのではないかと思います。列挙されたポイントにこじつけでもっていっても論理性さえあれば支障はないように思われます。
エッセイの形式としては、お決まりのイントロ、メインボディ(2つです)で2つのポイントに触れ、最後にコンクルージョンとしています。

解答例はただひとつの案(例文)であって、(出題の指示に従っている限り)もちろんのこと無数の回答があります。

マイヤー英会話福岡
英語塾

英検準1級ライティングに関するほかの記事ページ

永江俊一

2016年度第2回英検準1級試験(平成28年度10月9日実施公開テスト)リーディング/ライティング解答例

2016年度第2回英検準1級試験(平成28年度6月12日実施公開テスト)リーディング/ライティング解答例

本日日本英語検定協会の英検テストが で行われました(福岡会場)。平成28年10月9日実施の日本英語検定協会による公開テストの解答例です。英会話大名に通われる生徒さんが早速答え合わせができるように以下に英検準1級回答例を一部解説とともにお知らせ(速報ベース)します。本ウェブページおよび英検準1級解答は本英語塾・英会話教室に通われる生徒さんへの情報の提供という意図をもって本ウェブサイトに掲載するものなので、本スクールの生徒さんでない方がこのウェブサイトを閲覧することについて一切の責任を負いません。内容が正しいことについて一切の保証をしていません。さらに、内容についてテスト機関である日本英語検定協会の検討は一切受けていませんので、公式の回答を必要としている方の閲覧には適していません。また今後公式の正解が発表されたのちにもこの記事を反映するアップデート等は行いませんので、試験結果の公表以降はテスト機関のウェブサイトだけを参照するようにしてください。

※本投稿記事の内容については、筆者は本スクールの生徒さんに対してだけ責任を負います。

2016年10月9日実施公開テストリスニング問題

省略

2016年10月9日実施公開テストリーディング問題

平成28年10月9日実施公開テスト解答例(速報ベース:解答例についてはあくまでも個人の主観であり内容について保証はしていません。)作文については回答は無限にありますので、ひとつの作文例です。

1)
1: 1
2: 2
3: 3
4: 1
5: 2
6: 2
7: 1
8: 3
9: 4
10: 1
11: 2
12: 1
13: 3
14: 1
15: 4
16: 4
17: 4
18: 3
19: 2
20: 2
21: 3
22: 1
23: 3
24: 1
25: 4
2)
26: 4
27: 3
28: 1
29: 2
30: 1
31: 4
3)
32: 3
33: 1
34: 4
35: 4
36: 2
37: 1
38: 2
39: 4
40: 1
41: 2
4)

(作文解答例::回答の一例をあらわすもので、以下の作文に限るわけではありません)

I support the idea that Japanese companies need to improve their treatment of female workers.

Firstly, women have needs relatively unique to them compared to those of men. Children, particularly when they are infants, tend to require constant care from their mothers. I heard that many female workers quit their job to devote their time to child care at home. I believe that companies have a social responsibility to support their employees to allow them to raise a family.

Secondly, I believe that by improving work conditions for women, they may continue to work longer than otherwise. There are many talented women and ensuring that they can work longer should be beneficial to the employers as well. It is my opinion that keeping capable female workers in a company may be the key to their success.

In conclusion, I believe that Japanese companies should do more to improve the work environment for female workers. (154 words)

平成28年6月12日実施公開テストリーディング解答についての解説

単語・語句問題

11番の問題では、医療を施す、薬を投与するなどという場合にadministerといいますが、学生の方には接触する機会が比較的少ない動詞ではないかと思います。administration(名詞)などのように管理するという意味の方がなじみが多いと推察しますが、実社会では医療のコンテクストでこの動詞頻出します。

長文読解問題

級にかかわらず英検の長文問題全体にいえることですが、パッセージは読み物としてそれ自体興味深い内容のものが多く、一般教養を広げる効果もあり、勉強の題材として非常にためになり楽しいものが多いです。今回はThe Gut Microbiomeのパッセージが特に興味深いと思いました。このパッセージの中では生物体の学術名などが出てきますが、もちろんこれらの単語は問題を解くうえで知っている必要はありません。

作文問題
英検準1級では従来のイーメールの返信のパターンの問題から前回の試験でエッセイ形式に変わりました。英語の4技能化の流れがあり、英検2級への作文の導入という背景もあり、英検準1級の英作文の問題はイーメール形式だった旧来の頃より少し難易度を上げたといえます。エッセイといっても議論すべきポイント(の候補)が指定されているなどかなり誘導された形となっているので、問題文の指示に従うように注意しましょう。例解でも議論の上で2つのポイントに触れ、形式的にイントロ、メインボディ(2つです)、コンクルージョンとしています。

解答例はただひとつの案(例文)であって、(出題の指示に従っている限り)もちろんのこと無数の回答があります。

マイヤー英会話福岡
英語塾

英検準1級ライティングに関するほかの記事ページ

永江俊一

マイヤー英会話2016年秋のキャンペーン

マイヤー英会話2016年1月限りの秋の月謝500円キャンペーン

マイヤー英会話では秋のテレビコマーシャルを放映しました。↓

秋のキャンペーンとして9月中に入会した方に、CM中で歌手と先生が着用している黄色のマイヤーTシャツとトートバックをプレゼントしています。

さらに9月中に特定の教室で英会話のグループクラスを臨時設定、1か月間500円の参加料での特別プランです。このプログラムは9月のキャンペーン期間だけ開催します。入会の手続きはしませんので、当教室と受講生の方々は本プログラム終了と同時に、ともに互いの権利と義務が消滅します。

月謝500円キャンペーン開催教室

姪浜校:毎週水曜日午後7時~7時50分まで

大橋校:毎週月曜日午後2時~2時50分まで

※開催日はマイヤー英会話のスクールカレンダーに従います。

マイヤー英会話

2016年度第1回英検準1級試験(平成28年度6月12日実施公開テスト)解答例

2016年度第1回英検準1級試験(平成28年度6月12日実施公開テスト)リーディング/ライティング解答例

福岡:本日日本英語検定協会の英検テストが博多高等学校で行われました(福岡会場)。記憶による限り福岡の会場としてはめずらしい試験会場であったように思います。平成28年6月12日実施の日本英語検定協会による公開テストの解答例です。英会話大名に通われる生徒さんが早速答え合わせができるように以下に英検準1級回答例を一部解説とともにお知らせ(速報ベース)します。本ウェブページおよび英検準1級解答は本英語塾・英会話教室に通われる生徒さんへの情報の提供という意図をもって本ウェブサイトに掲載するものなので、本スクールの生徒さんでない方がこのウェブサイトを閲覧することによって結果することについて一切の責任を負いません。一般の閲覧者に対して内容が正しいことについて一切の保証をしていません。さらに、内容についてテスト機関である日本英語検定協会の検討は一切受けていませんので、公式の回答を必要としている方の閲覧には適していません。また今後公式の正解が発表されたのちにもこれを反映するアップデート等は行いません。

※本投稿記事の内容については、筆者は本スクールの生徒さんに対してだけ責任を負います。

2016年6月12日実施公開テストリスニング問題

省略

2016年6月12日実施公開テストリーディング問題

平成28年6月12日実施公開テスト解答例(速報ベース:解答例についてはあくまでも個人の主観であり解答例が正しいという保証はありません。)作文については回答は無限にありますので、ひとつの参考例としてください。

1)
1: 3
2: 1
3: 3
4: 2
5: 4
6: 1
7: 4
8: 2
9: 2
10: 2
11: 4
12: 2
13: 3
14: 2
15: 1
16: 2
17: 4
18: 1
19: 3
20: 3
21: 2
22: 3
23: 4
24: 1
25: 4
2)
26: 1
27: 2
28: 1
29: 2
30: 4
31: 3
3)
32: 3
33: 1
34: 4
35: 3
36: 2
37: 4
38: 4
39: 3
40: 4
41: 1
4)

(作文解答例::回答の一例をあらわすもので、以下の作文に限るわけではありません)

I do not agree that the number of young people who continue to live with their parents after they finish their education will increase in the future.

Firstly, living alone gives young people more personal freedom. When you live with your parents, you may need to abide by the house rules which can, at times, be bothersome for the young. I certainly would prefer to live alone when I grow up.

Secondly, there are more jobs available in modern societies. With more opportunities to earn money for the young, it will be increasingly more affordable for young people to live alone as they make their own livings. It is possible that in the past many people lived with their parents because of concerns about the cost of living.

To conclude, I think more young people will live alone separately from their parents after graduating college because of the reasons above.

(150 words)

平成28年6月12日実施公開テストリーディング解答についての解説

単語問題

単語の問題では2番のwitherは少し難しい問題と思います。21番のbe conditional on という語句は~を条件としてというよく使用される表現で、覚えておくと作文するときにも便利です。

長文読解問題

級にかかわらず英検の長文問題全体にいえることですが、パッセージは読み物としてそれ自体興味深い内容のものが多く、一般教養を広げる効果もあり、勉強の題材として非常にためになり楽しいものが多いです。今回の問題では2番の2つめの素材「The Serpentine Columbine」というパッセージは特に興味深いです。

下記の作文の問題が従来より少し難易度が増したので(内容が友人からのイーメールに返信するというカジュアルなものからエッセイ形式に変わったことに加え、字数が100単語程度から120-150単語に増加)長文問題の全問を確実に回答するにはある程度のリーディングスピードで英文を読む習慣がますます必要です。

作文問題
英検準1級では従来のイーメールの返信のパターンの問題から今回の試験からエッセイ形式に変わりました。英語の4技能化の流れから英検準1級の英作文の問題は少し難易度を上げたといえます。エッセイといっても議論すべきポイント(の候補)が指定されているなどかなり誘導された形となっているので、問題文の指示に注意しましょう。

解答例はただひとつの案(例文)であって、(出題の指示に従っている限り)もちろんのこと無数の回答があります。

マイヤー英会話福岡
英語塾

英検準1級ライティングに関するほかの記事ページ

永江俊一