英会話大名

福岡市中央区大名にある英会話教室、ランゲージスクール

TEL.070-6593-0650

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-4 シャンポール大名D棟 201

教室管理

マイヤー英会話2016年秋のキャンペーン

マイヤー英会話2016年1月限りの秋の月謝500円キャンペーン

マイヤー英会話では秋のテレビコマーシャルを放映しました。↓

秋のキャンペーンとして9月中に入会した方に、CM中で歌手と先生が着用している黄色のマイヤーTシャツとトートバックをプレゼントしています。

さらに9月中に特定の教室で英会話のグループクラスを臨時設定、1か月間500円の参加料での特別プランです。このプログラムは9月のキャンペーン期間だけ開催します。入会の手続きはしませんので、当教室と受講生の方々は本プログラム終了と同時に、ともに互いの権利と義務が消滅します。

月謝500円キャンペーン開催教室

姪浜校:毎週水曜日午後7時~7時50分まで

大橋校:毎週月曜日午後2時~2時50分まで

※開催日はマイヤー英会話のスクールカレンダーに従います。

マイヤー英会話

Word-of-mouth advertisement

口コミ

福岡の英会話教室の口コミ

英会話 福岡 口コミ という検索ワードでインターネット検索すると、いろいろな英会話教室の口コミ情報が現れます、といいたいところですが、実際に「英会話 福岡 口コミ」あるいは「英語塾 福岡 口コミ」で検索したところそれほど参考になる情報はでてこないのが実情です。検索結果の上位にでてくるのは、これらの検索ワードを目当てにした英会話教室のリストサイトであったり、英会話教室自身やアフリエイト目的のサイト、自作自演の口コミサイトなど「口コミ」というワードを入れて人工的にオーディエンスを誘導している類のものが多く、第3者の方のほんとうの口コミ(ある英会話教室の利用者が純粋にサービスの質などについて好意的な記事を”書かずにおれず”に書いたもの)はネットの中ではとても少ないです。

口コミの効用

広告にはいろいろの形態があります。新聞、雑誌、インターネット、ちらし、ラジオ、テレビのスポンサーなどなど消費者の日常は広告であふれています。そして広告は安くありません。私は英会話教室を始めた後、広告をコストと考え、コストは終局的には利用者に負担していただくことになるので、利用者のためには広告をせず、いただいた費用を全てサービスに回して顧客満足につとめ、サービスに満足した顧客が他の方に情報を提供する、いわゆるWord-of-mouth advertisement;口コミをしてくれて次の顧客につなげる、という図を描いていました。

口コミは他の媒体に比べて非常に優れています。多くのマーケティングの専門家などがすでに唱えていることだと思うので、いまさらマーケティングのしろうとの私が繰り返してものいまさら感はありますが、口コミの第1の利点は、(広告費を出費して行っていないという意味で)無料という点です。次に、無料であることに起因することであるのですが、説得力があるという点です。信頼する友人の勧めであったり、また知らない人の口コミでも商品・サービスに対する評価(無償で勧めている行為なので、報酬を得て根も葉もないかもしれないサービスの広告ではなく、この人の実体験に基づく正直な評価)の信頼性が高いと思われることが一般的です。

マイヤー英会話でも口コミにより一定の成果はありましたし、創業後しばらくは口コミだけで生徒さんに参加していただいた時期が続き現在も新規の入会者を迎える重要な媒体であるのですが、しかし口コミには致命的な弱点があることに今では気づいています。

口コミの弱点

顧客はどんなに商品・サービスに対して満足しても、口コミはしてくれないのが普通という現実です。
頭書に書いたように、例えばネットで英会話 福岡 口コミと検索すると純粋な口コミというのはほぼゼロです。
口コミの弱点は、口コミしてくれることについて顧客に依存するしかなく、サービス提供者がコントロールできないという点です。
特に英会話教室の場合、サービスの質はクラスを担当する講師個人のパフォーマンスに依存する部分が多いのでなおさらのことです。英会話教室は講師を厳選し、頻繁なトレーニングをし、明快な授業についての指針を与え、快適な職場環境を提供することにより、講師のパフォーマンスを上げて顧客満足度を高めることができますが、サービス提供者によるサービスに対するコントロールは講師を経由する間接的なものになります。

口コミ率の向上策

サービスに満足した顧客を母集合としてそのうち口コミしてくれるお客さんの人数の比率を口コミ率と呼ぶとすると、(品質を上げる努力のほかに)口コミ率を上げる方法はあるのでしょうか。ここで難しい問題は、口コミ率を上げる、という方策を考えること自体、人為的な考えを導入することになり口コミというそもそもの性質に矛盾するのです。「お客さん、もし弊社のサービスに満足していただけたらお友達や会社の方にお話ししてください」、とか言い始めた時点でもうそれはもはや自発的な情報発信であるはずの口コミではなくなりはじめ、「口コミしていただけたらこれをサービスします」とかの口コミの誘導になるとそれはもうほとんど口コミをかたった有償広告になってきますので、これはできません。このように口コミ率を上げるという工夫は難しい。

口コミに代わるもの

福岡マイヤー英会話グループ(マイヤー英会話平尾校、マイヤー英会話姪浜校、英会話大名、英会話西新)では口コミ依存の宣伝から脱却し、順当な広告費を出費して妥当な広告媒体を駆使して事業を展開する方向に変えつつあります。口コミで教室を広げるというのは理想ではありますが、多くの理想同様に、現実に適応させた調整がないことには理想はたちゆかないこともあります。

マイヤー英会話|福岡
代表:永江俊一

PR:翻訳学校

英会話大名教室探し

本日(8月16日)英会話大名の教室の選定に福岡市大名近辺を見て歩きました。

物件の購入と賃貸の両面で検討中です。

購入物件として、福岡市中央区大名の第2プリンスに60平米くらいの物件が売りに出ていて見てきました。昭和通りに面していて、場所としてはほぼ理想的。現在外壁などの大規模修繕中で、においと音が現在はすごい状態。以前英語教室に使用されていたようで、レイアウトもいいのですが内装は全面的に改修工事の必要あり。

賃貸物件としては、福岡市中央区大名2丁目のシャンボール大名の60平米くらいの物件が賃貸に出されていたので見てきました。明治通りに面していて、部屋から明治通りの眺めがあり、日当たりも良く、入口のロビーも品質感があり建物は好印象でした。ロビーは24時間管理人が常駐していて、事務所はホテルのフロント風でセキュリティも万全。とてもいい印象を受けました。この立地にありながら駐車場も完備されています。シャンボール大名の居住者だけに限定されず、訪問者も有料で駐車できるようです。駐車料金も近隣の駐車料金とコンピティティブです。建物はかなり年月は経っていますが、管理がいいのか古さは感じさせません。とてもいいマンションだと感じました。懸念としてはもともと居住用のマンションとして開発されていますので、当然のこととしてテナントとしては路面に対する露出に欠けている点です。

店舗・事務所ビルで路面に対して露出がありお客さんのアクセスのいい適当な賃貸物件があれば英会話教室としてはその方が適していることは明らかです。

購入物件として見た第2プリンスの1階から4階までに店舗用の物件があり、ここの2階に賃貸があったのでこれも見てみました。アクセスは既述のとおり良好です。せっかく大通りに面していて、しかも2回で露出は最高にいいのですが、窓に広告がはれないという点が難点。

英会話大名の新規開設を今年末ころに想定しています。場所としては大名2丁目を予定しています。天神からの徒歩圏内が要件です。天神の勤務帰りに英会話、トーイックの勉強をしたいというサラリーマン、オーエルの方々のアクセスが重要だと感じるからです。

舞鶴、赤坂にも露出がいい物件があり外から見てみました。大名から赤坂を抜け大手門というラインは東京の皇居前、九段下、赤坂などの雰囲気にも似て景色がいいです。東京の大手町あたりは旧江戸城の濠に面しているのに対して福岡の大手門、平和台は旧福岡城の濠の外側にあるので、城址の規模こそ違いますが由来は同じなので風景が似るのはあたりまえですね。福岡の濠跡の公園(大濠公園, the Great Moat)はきれいです。確かに景観は申し分ないのですが、但し大手門、唐人町まで行くとグループの英会話西新校に近づきすぎるので、新しい英会話教室のロケーションは大名・赤坂あたりに絞りました。高宮通りを挟むと赤坂になりますが、赤坂での開店も候補に入れています。教室名はシンプルに「英会話大名」又はマイヤー英会話大名教室です。