英会話大名

福岡市中央区大名にある英会話教室、ランゲージスクール

TEL.070-6593-0650

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-4 シャンポール大名D棟 201

このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の英語

現在日本の学生の英語力を高めることについて文部省など日本の国家的な支援策が多く打ち出されています。そのひとつとして、各大学では交換留学制度を設定し、外国の大学等と相互に交換留学の提携をし、ホーム大学の授業料を納めることで海外の大学に留学でき、また海外提携大学で取得した単位等をホーム大学で認定する、あるいはホーム大学と留学先大学の単位を相互互換にし、ダブルディグリーの取得を可能にするなどの積極的な方策が取られています。

留学のための英語力

日本の各大学には文学部に英文学部などが多く設置されていますが、大学に入学する高校卒業生の英語レベルで英文学が読める、語れる学生はほとんどいないといわれています。ましてや、英語をネーティブとする国で大学で勉強し、大学院で研究できるレベルの英語となると要求される英語の運用力はかなり高いものとなり、交換留学制度などの後押しで留学を促進する外側からの意向はあっても、実際に当の学生には必要な英語能力が伴わないことが多いという現実があります。

大学の講義が十分に理解でき、また教授へのレポートの提出、意見の表示などを支障なく行うには理想的には例えば英検などの検定レベルでいえば英検1級を軽くクリアできる英語知識が必要と思いますが、しかし、現状は文部省の英語能力に関する目標は「大部分の高校生が卒業までに準2級を取れるようにしたい」というものであり、また現実にも高校卒業までに英検2級を取得する高校生は数パーセントにすぎないというデータもあり、多くの日本の大学生にとって、交換留学で有意義な学究活動をするというのは高いハードルである現状があります。

TOEFL or IELTS

受け入れ側の大学で求める留学生の英語の運用能力は当然に各大学により異なることになります。一般的に言えば、レベルの高い大学ほど求める英語力も高いということがいえます。各大学により異なる要求事項をあえて一般化していえば、名の通った大学への正規の留学にはTOEFLで100点、IELTSでバンド7.0が必要といえるように思います。個々にはTOEFL60点、IELTSでバンド6.0という大学もあるようですが、上記のように留学先で英語で授業を受けて十分な学業効果を得るにはおのずと必要最低限の英語運用力が要求されることを鑑みると、不自然に要求スコアが低い大学は質の点で警戒が必要でしょう。

IELTSでバンド7.0を取得するのはなかなかに大変です。英語の能力の評価基準として国際的によく準拠されるもののひとつにCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)というものがあります。この参照枠ではアイエルツのバンド7.0はC1のレベルに入り込むところにあります。英検では一応英検1級がこの基準枠に入るものとして位置付けられています。一応、と書いたのは、英検のテストは出題される問題自体が易しいので(単語の問題は突出して難しいですが)、また評価する技能に偏りがある(スピーキングとライティングよりも比較的リーディングにそして次にリスニングに偏っている)ので、英検はここら辺の英語レベルを計測する尺度として機能する効果的な試験なのか個人的には少し疑問が残るからです。

執筆中 英会話大名