英会話大名

福岡市中央区大名にある英会話教室、ランゲージスクール

TEL.070-6593-0650

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-4 シャンポール大名D棟 201

このエントリーをはてなブックマークに追加

英文速読法

マイヤー英語塾では英文を日本語を介さずにダイレクトに、早く読むことに重点を置いて練習をしています。英文の速読術ですか、という問い合わせが多いので、このページ「英文速読術」でこの点についてスクールの考えを概略します。

速読術と早く読むこと

結論から言うと、英文の速読術は指導しておりません。

速読術というのは、いろいろな手法が提唱されていますが、英語にしろ日本語にしろ速読術に共通している重要な点は、通常の人が通常のスピードで読む速さとは違うレベルの速さで読むということです。英語の単語数でいえば、1分間に2000単語とかそういう世界を扱うのが速読術です。

人間の能力は一般的には自分で認識しているよりはるかに高い能力を持っており、鍛えればまたそういう状況に置けば、最初は困難と思われる課題も解決してしまうものです。従って、1分間に2000単語を読むことも可能であると思いますが、また実際にいろいろな速読術のテクニックが紹介されており、早い人は1分間に3000単語や4000単語読める人がいることも知られています。

私は速読術を否定するものではありませんが、しかしこのような意味での速読(1分間に2000単語を超えるような特殊な読み方)をすれば、どのような速読の手法であれ、要は情報の取捨選択をするのであり、多くの人は読んだ内容の理解・コンプリヘンション(comprehension)に犠牲を強いるものと思います。当スクールでは速読の技術を紹介しておりませんし、また速読の練習もしておりません。英文を早く読む方策を紹介しています。

英語の単語数で話すとピンとこないかもしれませんので、少し日本語の場合で考えてみましょう。平均的な日本人の方は小説などの本を読むときにどれくらいのスピードで読むかということです。私の場合、大体文庫本を読むときの時間の目安としてはページ数X分数と考えます。たとえば、300ページの文庫本だと300分、つまり5時間以内。1ページにどれくらいの文字数があるかというと、平均的に500文字から600文字くらいでしょうか。従って、ざっくりと、平均的な日本人の日本語を黙読するスピードが1分間600文字とします。(速読術というのは、このスピードの5倍から10倍つまり6000単語とかの世界の話です。)

さて、日本語で600文字は英語では何単語にあたるでしょうか?私は産業翻訳をしていますが、その経験では日本語を英語にする場合、英語を日本語にする場合、文書の種類によって差異があります。例えば、英語を日本語にする場合、訳出する単語にカタカナが多いと、ある英語で書かれた情報を日本語にすると、日本語の量は膨らむ傾向があります。ばらつきを認めたうえで、平均するとだいたい2.1:1か2.2:1くらいになります。簡略化のため、ここではざっくり2:1としましょう。つまり日本語での600文字の情報量は英語では300単語になります。

日本人の人が普通に文庫本などを読むスピードを語るのは速読術ではありません。例えば、日本語を1分間に100文字読んでいたら、遅すぎて退屈に違いないから、もっとてきぱきと読んで普通のスピードで読む練習をしましょう、という話です。

マイヤー英語塾では英語学習者による英語の読解スピードの超えるべき基準値を1分間200単語(ワード)においています。これの根拠はいくつかありますが、まず日本語の黙読スピードとの比較から、200ワードは(日本語で言えばざっくり400文字にあたるので)まったく無理ではないスピードということ、また私の経験ではこれよりスピードが落ちるとテンポが遅くなり退屈すること、また実際的な観点からは、TOEICの試験を解いてみると、これくらいのリーディングスピードで読めばTOEICの75分間100問の問題が余裕で全て解決できるスピードになるという点などからです。

多くの英語学習者の方のスピードは、1分間100ワードくらいで止まっている方が多いのが現状です。興味深いことは、高校3年生くらいの学習者で1分間100ワードくらいのスピードになっているのに、大学生、社会人の人もそのあたりでいつまでも止まっている傾向にあることです。このスピードで読んでいることが英語上達の最大の障害になっていることを認識している人が極めて少ないように思えます。

上記の日本語との対比でいえば、本をある程度読み慣れた平均的な大人の方が日本語の本を600文字/分で読んでいることを前提にすると、同程度のペースで英語の本を読むと300ワード/分となります。実際のところ、高等教育を受けた英語ネーティブの平均的なリーディングスピードは(ざっくりいうと)そのあたりだろうと思います。第2外国語というハンディは容易に打開できることではありませんのでネーティブレベルのスピードにはなかなか及ばないとしても、せめて200ワードまで早めることはそれほど難題ではないように思います。

結論として、マイヤーで練習することは速読術ではなく、普通の読み方で十分に可能で、読み物を退屈しないほどのリーディングスピードで英語の本を読み、英語でてきぱきと情報収集をする方法です。

マイヤー英会話/英語塾


永江俊一